【ペアーズ体験談No.3】29歳飲食店勤務、彼女の「ペアーズ一緒に退会してお付き合いしてみませんか?」という一言で付き合うことに。

ペアーズの体験談をいただきました。体験談を送ってくださったのは、飲食店で営業を行う29歳の男性です。

上京して2年ほど、全く出会いのない生活を送られていたそうです。そんなとき同僚に教えてもらったペアーズに登録したことで、新しい人生が始まったようです。


では、送ってくれた体験談を紹介するぞ。

僕が、ペアーズに入会したきっかけは仕事の都合での転勤からでした。

地元が北海道で、大学から7年ほど付き合っていた彼女がいました。

お互い、就職もしてこれから同棲しようという時に僕の仕事の転勤が決まりました。

僕の仕事は、飲食店の営業職で歳は29です。

本音を言ってしまうと、地元愛が強い彼女だったので転勤になればお別れが来るとは薄々感じていました。

そこで、彼女に話してみると案の定付いては行けないので「お別れしましょう」と告げられました。

そこで、周りに相談したところ、「まだ若いしいくらでも出会いのきっかけはある」と言われ僕自身もそれを鵜呑みにして東京に転勤してきました。

しかし、現実はそんなに甘くはありませんでした。

東京に住み始めて2年で、出会いと呼べるものは何1つありませんでした。

地元なら、何かしら出会いはありました。

しかし、今は彼女がいない期間を更新中というのが現実でした。

毎年、二回は実家に帰りその度に母親に「パートナーはどう?」と聞かれる有様。

確かに、それはそうです。

長く付き合った彼女と別れた話を伝えれずにいたからです。

そこで、東京に戻った時に仕事の同僚と飲んでる最中に相談してみました。

すると、「今の時代合コンとかよりネットで知り合うのが主流でコスパも良いよ?」と教えてくれました。

その時、同時にペアーズの事も教えてくれました。

不思議と、登録時の迷いもなく、その日の夜恐る恐る登録してみました。

すると、まず一番最初にびっくりしたのが女性の会員数です。

「うそ?こんなにいるの?」というのが本音でした。

それも、医者からCAまで様々な職種の人がいて驚きました。

登録したその日の夜、東京と千葉と埼玉の3都市から検索してみると一夜で見終われないほどの女性がヒットしました。

そこで、まずやり方がわからなかったのでヘルプを見ながら自己紹介など細かなプロフィールを作り画像も載せました。

画像に関しては、自分以外の人が写っているとはじかれるようで3回目でやっと載せることに成功しました。

しかし、その時点ではまだ有料会員になるのは怖かったので無料会員で楽しむことにしました。

すると、1日だけでも沢山の女性の足あとが残っている事に気付きました。

ただ、プレミアム会員にならないと6人以上の足あとが見れないためこれは有料にならないとチャンスを逃している事に気付きました。

「もう当たって砕けろ」という勢いで、有料になるとそこから2日ほどで一人の女性から足あとがありました。

相手の女性の雰囲気(写真を見た感じ)が良かったので、そこから辿りいいねを送りました。

すると、2分ほどですぐにマッチング成立しました。

しかし、それだけではありません。

その数分後に、別の女性からいいねが来ました。

勿論、その女性にありがとうを送るとマッチング成立しました。

同時に二人のマッチングだったでの「時間とお金の無駄ではなかった」が最初の印象でした。

そこから、お二人の女性とやり取りをしました。

両方の、女性には同じ感じで文章を送りました。

送った内容は、「初めまして、今回マッチングできて本当に光栄です。ペアーズはどのくらいの期間利用されているのですか?僕は、まだ初心者です。不慣れなところもあるとは思いますがよろしくお願いします。」という具合に送りました。

すると、なぜか最初にマッチングした女性からしか返信が来ませんでした。

最初にマッチングした女性からは、「私も、マッチングできて嬉しいです。歳も同じで趣味に登山と書いてましたよね?私も実は高尾山によく登るので趣味が合いそうだと思い気になっていました。宜しく御願いします」と返答が来ました。

そして、そこからお互い普段の私生活や僕が東京に来て間もない話などをしました。

相手の女性のお仕事は、フィットネスクラブのアドバイザーで年齢も同じ歳だったので文字のやり取りだけでも同年代特有の相性が合いました。

しかし、1つだけ不満があったのはお互いのやり取りがアプリ内だったので2通を1日でやり取りする感じでした。

そこで、「ラインでも教え合いませんか?」と送ってみると彼女からの返答が意外でした。

「私もそれ聞こうと思ってました。でも、アプリで長くやり取りをし過ぎて言いそびれてました。ごめんね。今夜ってお忙しいですか?どうせライン交換するなら今夜食事でもいかがですか?」という内容でした。

僕は、ラインが聞ければ「第一関門突破」くらい考えていたレベルだったのでまさか会えるなんて思ってもみませんでした。

ここで、もし断ると運を逃すと思い即OKの返答をしラインIDも同時に送りました。

そこから、大体2時間後くらいにラインにてメッセージが来てその日の夜21時に六本木のカフェで待ち合わせする事になりました。

頭の中では、「写真と違う人が来たらどうしよう」とか「ドタキャンされたらどうしよう」とか「タイプじゃないと言われたらどうしよう」など様々なマイナス志向が過ぎりました。

そして、待ち合わせ時間になり僕がその場に着くと後ろから「ワッ!」と女性に驚かされました。

初対面時は、緊張で目が合わせれませんでした。

その場で、目もしっかり合わせれないままカフェに入りました。

そして、カフェ内で初めてしっかり彼女の顔を見ました。

アプリ内で、見ていたとは言ってもそこの画像を超えるくらい素敵な女性でした。

それに、女性が会話をリードしてくれてかなり性格が良い人でした。

その時点で、既に彼女に惚れていました。

お酒も、入りその事を伝えると「素直に嬉しいし私も興味が非常にあります」と言ってくれました。

そして、ディナーも終盤になり彼女から1つ提案が出されました。

「この場で、ペアーズ一緒に退会してお付き合いしてみませんか?変にお互い見得張ったり駆引きしても仕方ないし。それに、実際付き合ってみないとわからないし」
というすごい展開になる提案でした。

そこで、感じたのは、「彼女は、何事も無駄を嫌うタイプなのかな?」という印象でした。

僕も、同じタイプだったので「是非宜しく御願いします」と返答しその場で二人同時にペアーズを退会しました。

今現在は、その時のご縁とお互いの決断が良かったのでしょうか。

毎日、電話で連絡を取り合いそこら辺のカップルよりよっぽど仲が良いと断言できる位の関係が築けています。

本当に、ペアーズを利用して良かったと思っていますし彼女とも「ペアーズがもたらしてくれた運命」だとよく話しています。

結果論かも知れませんが、出会いが無い方や僕と同じ境遇の方は沢山いると思います。

そういった人に、ペアーズを胸を張って進めれたらと思います。

時間や、お金や手間など全てにおいてもコスパが良いです。

それに、登録している男女全員が皆同じ「真剣な恋活婚活」に向かって登録しているのでそこも出会いにおいて効率が良いのでは?と感じました。

******

とても具体的な体験談をありがとうございます!

初デートで女性からの「ペアーズ一緒に退会してお付き合いしてみませんか?」という提案には驚きです。すごく積極的な女性ですね!

とりあえず付き合ってみて、お互いのこと知るのはすごくいいことだと思います。いつまでも仲良く過ごしてくださいね。

追伸:写真は、イメージです。

※WEBからですとアプリインストールの必要もなく、1〜2分ほどで簡単に登録することができます。
なお、「ペアーズの口コミや評判が知りたい」という方は「ペアーズの口コミ・評価/評判を徹底調査!」の記事をご確認ください。
今すぐPairsへ無料登録!

用途にもよりますが、真剣に出会いたいなら会員数の多いペアーズがオススメ。どのアプリを使おうか迷ったらペアーズで間違いありません。「出会いをもっと増やしたい」「中々いい出会いがなくて悩んでる」「理想の相手を見つけたい」そんな方は是非利用してみてください。

Pairsの無料登録はこちら Pairsの体験談はこちら  

関連記事

【ペアーズ体験談No.1】38歳自営業、初めて会ってから4ヶ月が経ち、お互いお付...

【ペアーズ体験談No.2】36歳コンサル会社勤務、やり取りをはじめて10日後、女...

【ペアーズ体験談No.5】27歳飲食店経営、運命?ペアーズで知り合った女性と奇跡...

【ペアーズ体験談No.6】30歳会社経営、「こんなにも簡単に運命の女性と出会える...

【ペアーズ体験談No.4】千葉在住の33歳、間違って電話をかけたことがきっかけで...